害獣被害とは

日常生活を送っているなかで、動物による被害を聞くことがあります。
ニュースなどを見ているとこうした動物による被害について年間に多数耳にする機会があります。

こうした人に害を及ぼす動物が害獣として処分されてしまうこともあります。
また、処分という手段ではなく、人里離れた山奥に連れていって放すなどの方針は、それぞれの害獣の種類や生態、被害件数によって違いがあるようです。

ニホンザルも人里におりてきて被害を出した場合には、人里から離れた山の中に放されることが多いようです。

また、積極的に殺処分されてしま動物もいます。
例えば、外来生物がこの殺処分の対象になります。日本では、外来生物が在来生物に与える影響というのが、ここ数十年で増加傾向にあり、また、外来生物の数も増加していることが問題となっています。

外来生物として有名なのは、アライグマやハクビシンといった動物です。
アライグマは、一時に放送されたアニメの影響で、北米から多くのアライグマが日本に入ってきました。しかし、アライグマは基本的に人に懐く動物ではなく、飼育が難しくなり、野山に捨てるといった人が多く、その捨てられたアライグマが野生化し在来種である日本のタヌキや動植物(人間の農作物にも被害がある)の生態系に大きな被害を与えるようになっています。

Copyright(c) 2014 動物系ポータルサイト「GO APE」 All Rights Reserved.